違う業界を間近で見て感じる。そして、準備の必要性と備忘録。

Ads:

 
先日、自分の仕事とは畑違いの業界を、間近でみる機会をいただきました。
そこにはいろいろな工夫があって人がいて夢があってと、とても刺激になりました。
ありがとうございました。

また、これを機会にいろいろな所に顔を出したいと思います。






初心忘れるべからずなので備忘録。

○準備が大切。


・ドレスコードは大丈夫?
今回、スニーカーが必要だったのですが、どうやら以前スニーカーを全部処分してしまったようで、今回はブーツで伺いました。問題なかったようなのでよかったですが今後はドレスコード、早めに確認しておこうと思います。


・いつもの必需品持っている?
いつもの必需品といえば、iPhone、iPad、モバイルルータ、モバイルバッテリー、モレスキン手帳など。これら細々したものを忘れないようにするには持ち物を記したチエックリストが便利です。が、個人的にはバッグインバッグがおすすめです。もともとカバンに必要なものを入れてまとめておけば、必要に応じてビジネスバッグやプライベートバッグへさっと移せて簡単で漏れもありません。


・場所はわかっている?
今回はいままでも伺ったことある場所だったので問題ありませんでしたが、もしわからなければ、iPhoneなどでマップ、Googleストリートビューで確認したほうがいいと思います。また、どうしてもわからない時に確認できる、連絡先をメモっておくのもいざというとき助けになります。


・早めに起きて、早めに出発。
お世話になるのに遅刻はNG。相手に失礼です。遅刻しないですむように早めに行きましょう。早すぎた場合の朝活ができるカフェを調べておくのも大切です。


・空腹、寒さ対策
ぼくは空腹、寒さにとても弱いので、飲み物、食べ物はバッグに忍ばせておくのが吉。4月はまだ寒いこともあるので、いざというときのために、ホッカイロも持っていると助かります。


・挨拶とおみやげ
今回は、責任者の方に当日あえないことはわかっていたので、挨拶は前もって伺ってしていました。とてもお世話になったので、今度はおみやげもっていこうと思います。




以上、準備は大切ですよね。
そして、現地ではしっかりその場での経験に集中です。
 


Comments are closed.