iPhoneでメールを書くのが楽になる。ユーザ辞書を利用して入力作業を楽にする方法。

 

iPhoneで文章を入力することはとても簡単ではあるのですが、ユーザ辞書によく使う言葉を入力しておくと、「こ」と入力すると「こんにちは。」と入力候補が表示されたりととても便利で、繰り返し使う言葉などの入力作業がとてもはかどります。効率化とかいうと仕事術的な特別なイメージだったりしますが、こればかりは設定も簡単なので登録しておくことをおすすめします。

今回はユーザ辞書への登録方法2つと、設定しておくと簡単な記号などを表にしましたので、参考にしてみてください。

ユーザ辞書の設定方法。その1

iPhoneの設定から行う方法

 

・「設定」から「一般」に入ります。 slooProImg_20130514233323.png

・「一般」の下の方にある「キーボード」を押して「ユーザ辞書」をタップします。

slooProImg_20130514233320.png

・「ユーザ辞書」の右上にある + を押すと、ユーザ辞書の登録画面に入るので。この画面で入力します。

slooProImg_20130514233317.png

・「単語」に読み出したい言葉などを入力します。そして「よみ」に読み出すために必要なかなを設定します。

この画面の通りに「保存」すると、「こ」と入力することで「こんにちは。」と表示させることができます。

 

slooProImg_20130514235227.png

ユーザー辞書の設定方法。その2

次に出てくる一覧などからユーザ辞書を登録したいときに便利な方法

 

・次に出てくる表を拡大して(またはそのまま)、登録したい言葉を長押しして選択します。 選択すると、ポップアップウインドウで「ユーザ辞書…」が表示されるので、それをタップします。

slooProImg_20130515004008.png

・画像のように「単語」の部分に登録したくない文字がある場合は、編集して「よみ」にもよびだしたいかなを入力して「保存」します。

slooProImg_20130515004002.png

 

 

登録しておくと便利な言葉や記号

単語よみ
こんにちは。
よろしくお願いします。
()
「」
『』
【】
自分のメールアドレス
自分の名前
自分の住所
(笑)

「よみ」が あ になっているのは「あいさつ」の略です。 また、か は「かっこ」の略です。 せっかく登録しても、「よみ」を忘れてしまうと、読み出せないので想像が容易な「よみ」を入力することをおすすめします。

 

今日のまとめ

ユーザ辞書を登録することで、細かいことですがiPhoneの使い勝手がよくなります。

とくに()や「」などは頻繁に使うのに記号から呼び出すのはストレスとなる面倒な作業です。もし、登録していないようでしたらぜひ登録してみてください。

細かいところですが、その積み重ねがiPhoneを使う時の印象に大きく作用してくると思います。

 


Comments are closed.