【レビュー】Evernote スマートノートブック by Moleskinene(ポケット)


 

Evernote スマートノートブック by Moleskineを買いました。

 

最近仕事用Moleskineに書き込むことが多くなってきました。そこで、次はちょっと冒険してみようかと思い、いろいろな機能があるこちらのノートにしてみました。

金額はノーマルなMoleskine(ポケットタイプの場合)に比べて315円高い2,205円です。315円で、スマートシールや、evernoteプレミアム3ヶ月分がついているので、人によってはかなりお得です。

 

また、その3ヶ月のプレミアムは、すでにevernoteのプレミアム会員に登録している人も、付属の暗証番号を買った時に入力しておけば、今のプレミアムアカウントと相殺されずに、自動で3ヶ月分が追加となります。買ってすぐにうちこむことができるのは、とても便利ですね。

 

外観と機能まとめ

外観特徴

○evernoteカラーのゴムバンド

○evernoteの型押し(表紙のみ)

○ポケットのマチがevernoteカラー

 

機能特徴

○evernoteのプレミアムアカウント用3ヶ月無料コード付き。

MOLESKINE モレスキン 「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」使い方・FAQ

 

○付属スマートステッカー(シール)と、スマホ(iPhone、Android)を使った自動タグ付け機能。

MOLESKINE モレスキン 「Evernoteスマートノートブック by Moleskine」使い方・FAQ

 

 

パッケージ外観

 

 

※ 画像をクリックすると拡大表示します。

 

 

外観

 

 

各種ページ

・見開き

 

 

・ページ見開き

 

 

・裏、ポケット部見開き

 

 

・ポケット部アップ

 

 

 

同梱

・スマートシール

 

 

・シール

・evernote smart notebookの案内紹介タグ

・Moleskineガイド

 

 

※ 画像をクリックすると拡大表示します。

 

 

※ 画像をクリックすると拡大表示します。

 

 

今日のまとめ

今までにないアイデアが生まれる手帳だと思います。

ここまで書いて思いついたアイデアとしては、アナログ手帳が苦手としている部分、「検索」や「ページや別手帳をまたいだまとめ」をスマートシールで実現できないかということです。

いろいろ試してみて勘所つかめれば記事にしたいと思います。

Moleskine・・・専用まとめページはこちら
●使い方
∟手帳、メモ帳が苦手な人はルールを決めるといいかも!ぼくがしているモレスキンのルール。
●ローラーペン
∟Moleskineローラーペンのゲルインクの替芯を使ってみました。
∟Moleskineローラーペンのゲルインクの替芯を買うなら「Moleskine アトリエ」がおすすめ。
●Evernoteスマートノートブック by Moleskine
∟【開封の儀】Evernote スマートノートブック by Moleskinene(ポケット)
∟Evernoteスマートノートブック by Moleskineに付いてくる、プレミアム版の無料コード入力手順。
●その他
∟マルタン マルジェラとMoleskineのコラボ。真っ白なラージサイズモレスキンを見てきました。

Evernote(Moleskine、SCANSNAP)
Tips
∟iPhoneでEvernoteの「ノートリンク」を知る方法
Moleskine EVERNOTE EDITION
∟Evernote スマートノートブック by Moleskinene
∟Evernote スマートノートブック、プレミアム版の無料コード入力手順
スキャンスナップ EVERNOTE EDITION
∟【開封の儀】SCANSNAP EVERNOTE EDITION SCANNER
∟長尺用紙スキャン方法
News
∟エバーノートがVer.7.0.1にアップデートされました。、ん?「ポストイットノート」?「EvernoteMarket」??(追記:ひらくPCバッグ)

MOLESKINE モレスキン Evernote スマートノートブック スクエアード(方眼) / ポケット

 

 

[`evernote` not found]

Tagged: ,

Comments are closed.