ルー・リードを秋の夜長に。

いつルー・リードが好きになったかというと、高校生の頃だったと思います。

Heatwaveの山口洋さんのラジオ番組「不滅の地獄アワー」という番組で出会いました。リアルタイムなアルバムは「NewYork」。

詩集も好きでよくよんだっけなあ。

メディアではわかりやすいセンセーショナルな歌が引き合いにだされるのですが、普通の生活を歌った歌も大好きです。

ラジオ感覚でいまの季節にぴったりな曲をご紹介します。


・師、妻、家、暮らし、静かな暮らしが描かれています。

 

 


・ニューヨークにあるコニーアイランドの歌。

 

 

R.I.P.