iPhoneアプリ開発に必要なXcodeのダウンロード手順。

Ads:

スクリーンショット_2014-01-07_14_26_16


アプリ開発はなぜか惹かれるジャンルです。

以前MacBook Proを使っていた時は開発に必要なXcodeというアプリのダウンロードやデベロッパー登録を済ませていたのですが、特になにをするわけでもなかったのでMacBook Proが壊れてからは手つかずでした。

それでも時々アプリのアイデアは浮かんだりするので、環境だけでも整えようと思いXcodeを今のメイン機MacBook Airにインストールしてみました。

 

 

App StoreでXcodeをダウンロードします。

Xcode(app storeが開きます)

スクリーンショット_2014-01-07_12_51_16
・App StoreでXcodeを検索します。

スクリーンショット_2014-01-07_12_52_33

・Xcodeをインストールします。

Xcodeは約2GBと重いので時間がある時にダウンロードするのがおすすめです。

 

 

 

Xcodeをインストールします。

スクリーンショット 2014-01-07 13.58.00

・無事ダウンロードできました。
キラキラひかっています。

 

スクリーンショット 2014-01-07 13.58.44

・内容を確認してよければ同意(Agree)します。

 

スクリーンショット 2014-01-07 13.59.22

・MacにXcodeをインストールしています。

 

Xcodeを起動します。

スクリーンショット 2014-01-07 13.59.55

・初めてのアプリ作成なのでCreate a new Xcode Projectをクリックします。

 

スクリーンショット 2014-01-07 14.00.35

・アイコンの説明などは「ドットインストール」を参照ください。
ここら辺の意味からしてもうわかりませんが、私はドットインストールさんの手順のまま進んでいます。

 

 スクリーンショット_2014-01-07_14_03_36

・「ツールバー」「ナビゲーターエリア」「エディタエリア」「ユーティリティエリア」

 

これでたぶんiPhoneアプリを開発できる、んだと思います。できるのにできない。不思議な感覚です。今やっとスタートライン。ゴールはどっち?

 

Ads: