月一度のお楽しみ。#8  +【iPhoneアプリ】Scanner Pro>写真グリッド>Snapseed

Ads:

今月もCD買ってきました。

Bob Dylanの「GOOD AS I BEEN TO YOU」と「blonde on blonde」。John Lee Hookerの「the healer」。Ryan Adamsの「GOLD」。

Dylanの「GOOD AS I BEEN TO YOU」は高校生の頃に聴いていたのと今ではぜんぜん聴こえ方が違うのが嬉しいです。当時カバーをギター一本で歌っていたDylanに思いを馳せてしびれます。

レジェンダリーブルースJohn Lee Hookerはsantanaやbonnieさんとの素晴らしい絡みがかっちょいい。確かにherler(癒す人)なアルバム。

やっと我が家にやってきたRyan Adams。いいアルバムですね。これがセールス的にも売れたらしいのでPaul Westerbergファンとしてはちょっと嬉しい。

続いて、最初の画像を作るのに使ったiPhoneアプリをご紹介します。

 

 

1.スキャンアプリで正方形に切り出す

Scanner Pro by Readdle (書類、ホワイトボード、名刺、レシートのスキャンに役立つスキャナー) App カテゴリ: ビジネス
価格: 無料

AppStoreの「今週のApp」に選ばれたスキャナアプリ。その記念で今は期間限定で無料だそうです。
境界線を自動検出してくれる機能自体はまあまあの出来ですが、トータルの操作感はフラットデザインへの対応も含めて使いやすいと思います。
今回は、アルバムのジャケット(正方形)を撮影したので「設定」から規定のページサイズで(任意のサイズ(200×200))にして撮影しました。

 

2.スクエアー状に並べて4枚の画像を1枚へ合成

写真グリッド App カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

スクエアー状に並べることができるアプリはいくつもあるのですが結局これを使ってしまいます。

とっても使いやすい定番アプリ。

 

3.フィルターでボケを追加して完了

Snapseed App カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料

直感的なようでいて頭を使うところがちょっと惜しいアプリ。あまり使っていなかったのですが、ボケを表現するのに「TILT-SHIFT」を利用したところ使いやすかったので最近よく利用しています。

 

以上1〜3の組み合わせで最初の画像を作成しました。

なにかの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

Ads:



Comments are closed.