URLスキームと併用すると便利。URLスキームがないアプリのショートカットURLを取得する手順と使用例。

Ads:

iPhoneを自動化する技として有名なものに、アプリからアプリを起動させるURLスキームがあります。

URLスキームはとても便利な機能ですが、すべてのアプリに用意されているわけではありません。例え用意されていたとしても利用者には明確な「知る」方法が用意されていないのでわからない場合も多くあります。

今回は『リマインドアプリ「Due」』を例にして、時間になったら『習慣作成アプリ「Lift」』を起動するという手順を紹介したいと思います。

最初にURLスキームを使った方法。次に本題のURLスキームがわからなかった場合に私がしている、URLスキームとは別のシュートカットURLを利用したアプリ起動方法をご紹介します。

 

 

 

ショートカット登録方法(URLスキーム有り)

 

 ・Dueの「+」ボタンをタップします。

 

 ・タイトルとURLスキームを入力

 

・歯を磨き終わったら赤枠部分をタップします。

 

 

・赤枠の「・・・を開く」をタップします。

URLスキームを登録しているので、リンク先を開く案内が表示されます。

 

 

・アプリが起動しました。 

 

 

 

ショートカット登録方法(URLスキームなし)

1.アプリのシュートカットを取得します

・App Storeを起動します。

 

・検索タブ(下側右から2番目)でアプリを検索します。

検索を押してから今回は検索窓にliftと入力しました。

 

・アプリの説明画面に入ります。

この画面では「開く」ではなくアプリの画像あたりをタップします。

 

 

・赤枠のアイコンをタップします。

 

・「リンクをコピー」をタップします。

これでシュートカットリンクが取得できました。

 

2.Dueに登録する。

・タイトルの後に先ほどコピーしたショートカットURLをペーストします。

 

・「追加」してシュートカットの登録完了です。

 

 

3.アプリの起動方法

slooProImg_20140122203219

・歯を磨き終わったら矢印部分をタップします。

 

slooProImg_20140122203215

・「・・・を開く」をタップします。

ショートカットを登録しているので、リンク先を開く案内が表示されます。

 

・App Storeのアプリ画面が表示されるので「開く」をタップ

 

 

・無事にアプリ「Lift」が立ち上がりました。

 

 

 まとめ

画像と文章にすると長くなっていますが、普段利用する時の手順自体はとても簡単です。

 

URLスキーム有りの場合

・アプリ→アプリ

 

URLスキームなしの場合

・アプリ→AppStore→アプリ

 

このようにURLスキームがない場合の方が一手間増えます。

それでも、ホーム画面からいちいちアプリを起動するよりは手っ取り早いので、この方法をよく利用しています。

 

もちろんDue以外のアプリでも使えますし、工夫次第でもっと便利な方法もあるかもしれません。

ぜひ活用してみてください。

 

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム App カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥500

 

  Lift – Daily Motivation App カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

 

 

Ads:

 
iOS7・・・専用まとめページはこちら
導入編
∟iCloudバックアップ→ダウンロード→アップデート
基本編
∟iPhoneの調子が悪い時に試したい2つのこと。そしてもう一つ。
∟iPhoneの「ロック画面」でできる4つのこと。
∟ホーム画面から素早くネット検索する方法(Spotlight検索)
応用編
URLスキームとの併用が便利な、アプリのショートカットURLを取得する手順と使用例
iPadだけの機能
∟iPadのソフトキーボードを好きな位置に移動する方法。