ネットに投稿した写真で住所がわかる?iPhoneのカメラの位置情報(GPS)を外す方法


Ads:

iPhoneで撮影した写真に位置情報(GPS)つけていますか?

実はiPhoneで初めてカメラを利用する時に、カメラで位置情報を利用するかどうかを選択できるのですが、次からは聞かれないため一度設定してしまうと位置情報を利用のまま撮影しているということが考えられます。

私のようにあまり気にしない場合は別ですが、気になる方は撮影時の位置情報利用を「許可しない」に設定しておくといいのではないでしょうか。

 

今回は既にiPhoneを使っていて、位置情報を利用する状態になっている場合にオフにする方法をご紹介します。

 

注意点は以下の通りです。

  • カメラだけの位置情報を外すことはできないので、iPhone上の「位置情報設定とプライバシー情報」が全てリセットされます(アプリやデータは消えません)。
  • 情報がリセットされるので、既に位置情報などを利用しているアプリが再度位置情報を設定しないと利用できない可能性があります。

 

 

「設定」で位置情報をリセットします

・「設定」の中の「一般」をタップ

 

・「一般」の中の下にある「リセット」をタップ

 

・「リセット」の中の「位置情報とプライバシーをリセット」をタップ

 

・パスコードを入力します

AppleIDではなくて、iPhoneのロック解除に使うパスコードを入力します。

 

 ・確認画面のなかの「設定をリセット」をタップします。

 

 

カメラアプリを起動して現在の位置情報の利用を「許可しない」に設定

 ・カメラを起動して「許可しない」をタップします。

 

これで位置情報の利用がなくなりました。iPhoneで撮影しても位置情報がつかないので安心ですね。

 

 

今日のまとめ

「位置情報とプライバシー」をリセットするといろいろなアプリを起動するたびに再度「位置情報とプライバシー」を利用するか確認されます。少しだけ手間と言えば手間ですが、アプリ毎の設定は曖昧なまま利用していたりするので、この機会に見直しをしてもいいかもしれません。

iPhoneのカメラは簡単に操作できて、きれいに撮影できます。いままで利用したいけれど位置情報が心配だったという方はぜひお試しください。

 

iPhone、iPadセキュリティー
超重要編
∟必ずチェック。ロック中のiPhoneでSiriによって個人情報が漏れてしまう可能性を確認する方法
基本編
∟パスコードを強化。「英数字を含めた長いパスコード」に変更
∟指紋認証機能を使う。「TouchID」の設定方法
応用編
∟カメラの位置情報(GPS)を外す方法

Ads:

Ads:

[`evernote` not found]

Comments are closed.