【ちょっとわかりにくい】iPhone5sの「TouchID」を設定する方法


Ads:

「TouchID」とはiPhone5sから搭載された機能で「指紋認証機能」のことです。

この「TouchID」でできることは二つ。

 

  1. iPhone起動時にパスコードの代わりに「iPhoneロックを解除」
  2. 「iTunes&App Store」で購入時にAppleIDパスワードの代わりに使用

 

とっても便利な「TouchID」ですが、指紋は人それぞれ異なるため始めに設定が必要です。

少しわかりにくいので、続いて「TouchID」の設定方法をご紹介します。

 

 

始めにパスコードをオンにします。

・「設定」のアプリをタップします。

 

 

・「設定」の中の「一般」をタップします。

 

 

・「一般」の中の「TouchIDとパスコード」をタップします。

 

 

・パスコードの種類を選択します。

はじめは赤丸のようになっていて数字4ケタの「簡単なパスコード」がオンになっています。私はそれだと不安なのでオフにして、複雑なパスコードで管理します。

 

 

・「パスコードをオン」にするをタップします。

 

 

・「パスコード」を入力します。

画面は「簡単なパスコード」をオフにした場合です。

 

 

・続いて「パスコードを再入力」します。

 

 

次にTouchID(指紋認証機能)を設定します

・パスコードが設定できたら「TouchID」をタップします。

 

 

・「指紋を追加…」をタップ

 

 

・ホームボタンに登録したい指を画面のように置きます。

 

 

・ホームボタンに指をタッチしたり離したりを繰り返します。

繰り返すと赤色の部分が増えて行きます。指紋の中心部分で約10回登録し、さらにその周辺部分を10回ほど繰り返します。

 

 

・指紋の登録が完了しました。

 

 

「TouchID」の用途を指定します

・「TOUCH IDの用途」を選択します。

 「iPhoneロックを解除」をオンにするとパスコードの代わりにTouchIDが使えます。これは便利なのでオンをお勧めします。「iTunes&App Store」をオンにすると無料・有料アプリを購入するときやアドオンの購入にTouchIDが利用できます。これも便利なのでオンにしていますが、ゲームの課金をどんどんしてしまう方はオフの方が自制できるかもしれません(それくらい利用は便利です)。

 

まとめ

以上の手順で登録が完了です。

私は右左ともに親指と人差し指の4本を登録していますがこれはお好みでどうぞ。

Touch IDの注意点は、設定や再起動した時は最初に「パスコード」でログインや、iTunesであれば「AppleID」での利用が必要です。2回目からは「TouchID」が利用できます。

 

一般にパスワードなどは覚えられない複雑なものがいいとされますが、利便性から簡単なものにしてしまう傾向があります。「TouchID」を設定することで、パスコードは複雑な物にして、普段は指紋で簡単利用という理想的な使い方ができます。

iPhone5sを使っている方で「TouchID」の登録がまだの方はこの機会に設定してみてください。とっても便利ですよ。

 

iPhone、iPadセキュリティー
超重要編
∟必ずチェック。ロック中のiPhoneでSiriによって個人情報が漏れてしまう可能性を確認する方法
基本編
∟パスコードを強化。「英数字を含めた長いパスコード」に変更
∟指紋認証機能を使う。「TouchID」の設定方法
応用編
∟カメラの位置情報(GPS)を外す方法

 

Ads: