【開封の儀】高級コンデジのDP Quattroが話題になっている中DP1 Merrillを購入しました。その他購入した物。


Ads:

デジカメ「DP1 Merrill」を購入しました。

「DP Merrill」は、今話題の「DP Quattro」の前モデルにあたります。

いわゆる高級コンデジで総画素数4600万画素が特徴です。

なぜQuattroが話題になっているこのタイミングでMerrillかというと、先日のドリキンさんのブログの写真に一目惚れしてしまったからです。見た瞬間「こんな写真が撮れるのか!」という驚きがありました。

調べてみると同機種で他の方が撮影した写真もとてもいい感じでした。QuattroとMerrillも画質を比較してみたのですが(ネット上の一部だけですが)Merrillの方が好きでした。

Merrillは鉛筆または色鉛筆で描いた精細な絵のようです。Quattroは艶やかな水彩画。そういう印象をうけました。これだけイメージが違うと惚れた方を買うのが吉と考えて今回は「DP Merrill」に決めました。

 

 

 開封の儀

・パッケージ

シンプルな白いパッケージです。上部にはSIGMAのロゴが。初シグマ。

 

・同梱品(説明書など)

説明書だけ取り出して他は箱の中にしまいました。さすがに説明書を読まないと使い方がわかりません。その後、シグマのサイトから取扱説明書のPDFをダウンロードしてiPadminiRetinaへ保存しました。

 

・同梱品(バッテリーなど)

左:ストラップ、中上:USBケーブル、中下:AVケーブル、右上:バッテリー充電器、右中と右下:バッテリー。バッテリーが二つあるのはそれだけバッテリー消費が激しいから。普段は二つで問題ないのですが、お出かけする際には心もとないのでスマホのモバイルバッテリーで充電できるようにするケーブル類をAmazonで購入しました。

 

・本体(前面)

色気のない無骨な外観です。以前からリコーのGRDがほしいと思っていたのですが、外観はGRDが好きだったのですが、画質ではDP1Merrillのほうが好みだったのでこちらに決定。

 

・本体(後面)

普段さわる電子機器がiPhoneということで操作性などはずいぶん甘やかされていてボタンの数に大丈夫かな?と心配していたのですが、買ってからこの文章を書いている間に1週間ほど触ったところとても使いやすいボタン類だと思います。液晶もひどく見にくいとかもありません。

 

 

関連品

・49mmレンズプロテクター

いまだに必要か迷っているのですが、とりあえずレンズプロテクターを買いました。画質としては悪くはなっても良くはならないのでそのうち外すかもしれません。

 

・SDカード(Eye-Fi mobi)

デジカメとタブレット(スマホもOK)を持っている人ならEye-Fi mobiで決まりでしょう。これでjpegならSDカードをカメラから取り出さなくても直接タブレットへデータを送ることができます。ものすごく便利です。

 

 

iPhone3GSを持ったあたりから、持っていたデジカメを知り合いにプレゼントして写真は全てiPhoneでまかなうようにしていました。

それで問題ないといえばないのですが、先にも書いたようにドリキンさんのブログの写真が衝撃すぎて、あのクオリティーを生活に取り入れたいと思い切っての購入でした。

iPhoneのカメラは昼夜問わずに撮影できて、しかもきれいに写る万能選手として大好きなのでこれからも使っていきますが、日中はDP1Merrillをメインで撮影したいと思っています。ブログに使う写真の画質向上なるか楽しみです。

 

  

Ads:


Tagged: ,

Comments are closed.