「文章を聞く」という新感覚。ネットの文章やKindleなど電子書籍アプリが話し始める『画面の読み上げ』機能でiPhoneがまるでラジオ局に。

Ads:

iOS8の新機能『画面の読み上げ』がかなり便利です。

画面に表示されている文章の読み上げができるのですが、ネットを見ていて長い文章を読むのに疲れた時にぴったり。

ネットの文章だけでなく、Kindleなどの電子書籍アプリ(これ、かなりすごい事だと思う)内の文章にも対応しています。

また、音楽プレーヤーのような操作画面が表示されるのもポイント。

続いて初めて使う時に必要な「設定手順」と「小技」をご紹介します。






 

 設定手順

・「設定」を開きます。

 

 

・「一般」を開きます。

 

 

 

・「アクセシビリティ」を開きます。

 

 

 

・「スピーチ」を開きます。

 

 

・「画面の読み上げ」をオンにします。

 

設定は以上です。

次に使い方をご紹介します。

 

 

読み上げ機能の使い方

・読み上げたい画面を表示して、画像の矢印のように二本指で本体の上から下へスワイプします。

 

 

・再生画面が開いて読み上げがスタートします。

 

 

さらに便利に使う小技

・電子書籍アプリ(Kindle)で、書籍の本文を表示した状態で読み上げさせるとiPhoneが音読し始めます。声の雰囲気で中身の印象も変わると思うので、小説よりはビジネス書などにむいているかも。

 

・アプリということで、AppStoreでも使えます。

 

 

 

・あとで読むアプリの代表「Pocket」も使えます。ブログなどを音声で楽しむのもかなり便利です。電車の中で使うことが多いですね。

 

 ・Safari(インターネット)の場合、「リーダー表示」機能を使えばタイトルと内容だけを聞くことが可能です。やり方は(左の画像)Safariで検索バーの左にある横棒4本のアイコンをタップするだけです。

 

 

あまり知られていませんが、iPhoneの読み上げ機能は便利なので以前から利用していました。

ただ、iOS8になるまでは文章を選択することで読み上げが使えたのですが、Kindleなどのアプリでは使えず、そもそも文章を選択するというのも面倒でした。

それが今回紹介した「画面の読み上げ」で使いやすくなっています。

「文章は読む」だった体験が「文章を聞く」も追加されるなかなかない機会です。iPhoneお持ちならぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

Ads:


[`evernote` not found]

Tagged: ,