【iPhone6(6Plus)】標準よりも2倍なめらかな動画が撮れる。YouTubeも対応した「60fps」動画を、iPhoneで撮る方法。


Ads:

iPhone6(6Plus)は今までよりも2倍なめらかな「60fps(秒間60コマ)」という、とてもなめらかな動画を撮ることができます。

しかし、はじめの設定では半分のなめらかさの「30fps(秒間30コマ)」になっています。せっかくなら一番いい状態で記録しておきたいですよね。

私はこの設定があることを知らずにiPhone6Plusを買ってから何度か動画を撮影していました。「台風の後の逗子の海」や「近所の散歩」などです。残念で仕方ありません。

今回は「60fps」で撮れる設定方法と撮影方法をご紹介します。

60fpsの設定方法

・「設定」をタップします

 

・「写真とカメラ」をタップします

 

・「60 fps でビデオを撮影」をオンにします 上の画像の状態はオンになっています。

 

 

撮影方法

・「カメラ」アプリを起動します。

 

 

・この画面の場合「写真」になっているので画面を上にスワイプして「ビデオ」に切り替えします。

 

・「ビデオ」画面に60FPSと表示されていれば設定完了です。

 

 

いかがだったでしょうか。

最近YouTubeも秒間60コマの動画に対応しました(60fps再生はパソコンのみ)。

せっかくの「残したい!」と思って撮影した瞬間です。

きれいに残せる準備をしておきましょう。

ぜひ「60fps」動画お試しください。

 

 

 

Ads:

[`evernote` not found]

Tagged: