【iPhone】iPhone6Plusを手放して、海外SIMフリーのiPhone6の購入を決めました。


Ads:

現在スマホはiPhone6Plus(国内版SIMフリー)を使っています。

購入にあたってはiPhone6とiPhone6Plusで悩みました。決めては「ハイスペック」なことと、なにか「新しい体験」ができそうという期待感だったように思います。

さて、iPhone6Plusを使い始めて現在1ヶ月半ほどたったのですが、いろいろ考えた結果iPhone6(海外版SIMフリー)へ変更することに決めました。

購入は海外ガジェットの販売で有名なExpasys。在庫なしの状態だったので「5~15日」かかるようです。

「いよいよ海外モデルにまで手を出したかー」と自分なりにも行き着いてしまった感があります。

今回は6Plusから6に変えるにあたっていろいろ悩んだ部分を紹介していきたいと思います。

 

 

サッと写真を撮りたい

私は手が大きいほうですが、それでもiPhone6Plusではサッと写真が撮れません。

よいしょ。という感じで持ち直したり、片手だとシャッターボタンまでうまく指が届かなかったり。iPhone5sの頃の方がさくさく撮っていたと思います。さらに海外版SIMフリーにした理由の一つがここなのですが、海外版だとシャッター音がしません。ライフログとして撮っているのでこれはとても重要だと思います。

 

 

片手で快適に使いたい

6Plusでは片手で快適に文字入力ができませんでした。

Atokを利用すればAndroidのように右側や左側にキーボードを寄せることができるので問題ないかと思っていたのですが、サードパーティーキーボードではユーザー辞書が使えないこともあって、なにかと標準キーボードが優遇されています。サードパーティー製のキーボードは実利用には厳しいのが現状です。

 

 

ブログをもっと気軽に書きたい

画面の大きさからいうと6Plusの方が有利だと思うのですが、海外版SIMフリーiPhoneはスクリーンショット時に音がしないというメリットがあります。

私は電車に乗っている時間が多いのでその時間に思いつくままにiPhoneの画面をキャプチャーして文章に当てはめていきたいのですが、いまはそれがまったくできません。国内版のiPhone6Plus(6も)のシャッター音はびっくりするくらい大きくてストレスなんですよね。アンドロイだとスクリーンショットの時に音がしないものもあるくらいなので、Appleもそこらへん柔軟に対応してくれることを今後期待します。

 

 

撮った写真を快適に見たい

画面の大きいiPhone6Plusにすることで、写真を快適に見ることができるかと思っていたのですが、そうでもありませんでした。

これは画面のアスペクト比が16:9なiPhoneと、4:3のiPadの差が大きいようです。以前ブログにも書いたのですが、大画面になってiPadminiRetinaを下取りにしているのですがいまは後悔しています。一応、家にiPad3rdモデルがあるのでそれで写真を見ているのですがやっぱり快適です。つまり、この部分に関しては6にした方が快適というわけではなくて、見るのはiPadが快適だから6Plusでも6でもかわりないという割り切りです。

 

6Plusならではの機能でツボなものがない

たとえば、6Plusだけの機能がいくつかあります。

一つ目はカメラの「手振れ補正」。ただ、家族の6で撮影をさせてもらったのですが、6でも個人的に問題ない写真が撮れました。

上がiPhone6Plus、下がiPhone6で撮った写真です。光が少ない時に手振れ補正が効いてiPhone6Plusの方が綺麗に撮れるという理屈なはずなのですが、私にはわからないレベルです。個人的な実使用に影響なさそう。

 

二つ目にホーム画面を横にして使うことができる「横向き表示(ローテート機能)」があるのですが、この機能自体は素晴らしいのですが、対応しているアプリが少ないということが素晴らしさをダメな部分にしてしまっています。

 

 

以上、私がiPhone6PlusをiPhone6に変更する理由でした。

Expansysでの注文はまだ確定ではないようなので、悩んでキャンセルするかもしれませんが私の使い方だと6で問題無いじゃないかと思っています。

 

SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品 – EXPANSYS 日本

 

Ads:

 

[`evernote` not found]

Tagged: ,