【iPhoneアプリ】フレームレスなブラウザーアプリその名も「Frameless」。使い勝手もシンプルで最近のお気に入り。


Ads:

普段、インターネットを見るときは「Safari」を使っています。

シンプルでありながら高機能でもあるので標準ブラウザとして申し分ないのですが、画面上端には「時計」「バッテリー」など、下端には「戻る」「進む」などインターネットとは直接関係のない情報が表示されています。

それらのいらない情報を表示せず、インターネットに集中させてくれるブラウザーが今回紹介する「Frameless」です。

もとはデザイナーやデベロッパー向けブラウザーとして「一切の虚飾を廃したiOS用のオープンソースWebブラウザ「Frameless」」(ソフトアンテナブログ)で紹介されていました。

私が使い始めた頃のバージョンでは、別画面で表示するような場合に表示できないというバグもあったのですが、バージョンアップで改善されて普通に使えるようになりました。

GoogleやWordpressなどのログイン情報もしっかり保持してくれるので安定感もあります。

 

 

 

表示比較

 ・左が「Frameless」右が「Safari」

左の方がすっきりしています。

 

 

Framelessの画面紹介

・最初の画面。注意点は検索バーにはURLを入れるということ。

ヤフーを調べたいなら「ヤフー」といれてもだめで、「http://www.yahoo.co.jp」または「yahoo.co.jp」と入れないと表示してくれません。

 

 

 

・設定画面もシンプル。

「設定画面の表示方法」と「ブラウザーの戻る進むを左右画面端からスワイプで行う」の2点だけです。

 

 

その他

・「ユーザー辞書登録」をしないとかなり不便。していればかなり快適。

Framelessの検索バーではURLを入れないといけないのですが、「お気に入り」は用意されていません。そこで、キーボードの「ユーザー辞書」でよく使うサイトのURL(例えば「google.com」)を登録しておきます。

 

・「Wordpressのサイトでの編集」にぴったり。

画面がフルに使え不要な情報で気が散ることもありません。ブログで利用しているWordpressの編集もしやすくて気に入っています。

 

 
Frameless – a full-screen web browser App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: 無料

 

 

Ads:


Comments are closed.