【小技】AppleCare+は、途中で辞めることができて、残りの期間分は返金が可能

Ads:

私はiPhone、iPadを購入するときには、必ず有料の保証AppleCare+に入ることにしています。

理由は2つ。

1年後に新しいモデルが出ると、その度に購入してしまうのですが、そのときに前のモデルを下取りにするので、破損してしまった場合の保証として。

そして、もう一つの理由は下取りした後はAppleCareは解約することで、2年の期限のうち残りの分を返金してもらえるからです。

さて、以前にもiPadのAppleCareを解約したことがあったのですが、今回は少し前に手放していたiPhone6PlusのAppleCareを外しました。



解約方法は、どこで購入したかによって異なります。

今回のiPhone6PlusのAppleCare+はオンラインストアで購入したものでした。

 

1.Apple StoreまたはAppleオンラインストアでの購入

この場合はとても簡単です。AppleCare電話サポートに電話をして解約したいと伝えます。端末のシリアル番号、または注文番号を聞かれるのでそれを伝えます。それで終了です。

 

2.量販店での購入

この場合は少し面倒なのでAppleCare電話サポートへ確認が必要です。以前は購入した証明として購入時のレシートと、返金分の振込先情報など、必要な情報をセットにしてFAXしました。今回電話で聞いたところ、FAXすることには変わらないとのことでした。

 

AppleCare電話サポート:0120-277-535(平日/土日 9:00~21:00)

 

どちらにせよ、AppleCare電話サポートへの連絡が必要がです。

大事なのはAppleCare+は解約すれば、2年の期間内でAppleの条件にあてはまるのであれば、日割りで返金されるということです。

必要がなくなったら忘れずに解約するようにしましょう。

 

 

Ads:


Tagged: , ,

Comments are closed.