SONY E PZ 18-105mm F4 G OSS【ソニーEマウント(APS-C用)】をUnbox!!オールマイティーないいレンズ!

Ads:

 


このレンズが欲しい!と思って買うのは初めてでした。

F値4.0の18mm-105mmズームレンズ。欲しいと思った理由は大好きなYoutuberが利用しているからですが、α6300でも使える光学式手ぶれ補正と無段階変速タイプの電動ズームが動画撮影にぴったりです。

APS-C(1.5倍)として、18mmは35mm換算で27mm。105mmは35mm換算で157.5mm。広角好きとしてはもうひと息!という感じですが標準レンズとしてはというか、個人的には悪くないはず。

a6500のビデオ撮影で使ってみて感じたのは、やっぱり広角ではないのと、最短焦点距離が近くはないということ。カフェでコーヒーを撮ろうとしたら体仰け反らして対象から離さないとピントが合いません。

いいところは「無段階変速タイプ」の電動ズーム。ズーム(アウト)スピードの調整がかなり細かくできて、動きも滑らか。動画メインでズームレンズを買うなら「無段階変速タイプ」のは必須だと思います。

さて、続いてSELP18105G(E PZ 18-105mm F4 G OSS)のUnBoxです。

 





・箱

 


・箱(別サイド)

 


・箱を開けたところ。

 


・取扱い説明書、保証書など。

 


・緩衝材のポケットに入っています。

 


・「G」マークとパワーズーム。

 


・別サイドから。

 


・別サイドから。

 


・フロントから。

 


・ボディーへの取付け側。

 


・カメラ(α6500)側と取付けます。

 


・カメラに取付けたところ。

 


・別サイドから

 

 

重さは気になりませんが、大きさはそこそこの存在感。かっこいいと思います。

ズームする際は内部で駆動するタイプなのでレンズ自体の長さが変わることがないのもいいところです。

フードは(型名)ALC-SH128がついています。

フィルター径は72mm。フィルターはお店の人が勧めてくれたマルミ製。

レンズキャップは塩先生(塩澤一洋先生)を見習ってつけない派。

なかなか動画を撮る時間がないのですが、休みの日は撮るとらない関係なく持ち歩いています。「電動ズームの気持ちよさ」など使わないとわからないこともあるので、これからも持ち歩きたいと思います。


 

   


Comments are closed.