年末から喉を痛めて咳が止まらなくなっていました。ほぼ治ってきたので来年のための覚書。

Ads:

2016年12月31日から2017年1月3日まで体調を崩していました。

12月31日、1月1日は声がまったく出ず。

1月2日、1月3日は咳が止まらない状態。

確か昨年も同じ状態になりました。どうやら恒例になってしまいそうなので自分のための覚書です。

まず大前提ですが、できれば病院に行きしっかりと診断してもらうことをお薦めします。

私の場合、市販の薬と勝手な判断で動いているので他の人にはおすすめしません。



 

体調を崩さないように予防する。

・体を温める

ユニクロのヒートテック系を毎日着ていたいものです。

寝るときも暖かく。

・マスクをする

電車通勤なので移動は必ずマスクをして予防必須。12月1日頃からは行いたいと思います。後で慌てない済むよう早めに手に入れておきたいです。



 

・インフルエンザの予防接種を受ける

もしインフルエンザだと周りの人に多大な迷惑をかけてしまうのでしっかり行う。

 

選ぶ薬を考える

・たんと咳止めの薬

たんのからみをとっていて喉を痛めている気がします。喉の痛みを止めたいと考えた場合、せきとたんの薬をのんで、たんをなくすことが大事でした。このジャンルは始めての購入。今回はコンタックST。なかなかよかったと思います。



 

・痛み止めは偉大

頭痛もちなので痛み止めはだいぶ助かるのですが、のどの場合も効いたのでこれも活用したいところ。痛み止めは特にこだわりはないのですが、いまはアダムa錠を使っています。



 

・漢方系は避ける

これは相性ですが、とりあえず相性悪いので個人的にはもう買わないでおきたいところ。

 

その他気をつけること

・エアコンは切る。

治り始めていてもエアコンの風が当たるだけでせきが出てしまいます。せきが続くと体力を奪うので注意。治り始めているのになぜかせきがでているなと思ってエアコン止めたらでなくなりました。

・みず(さゆ)を用意する

喉を潤すことが大事です。せきがでたら我慢せずに水をすぐ飲むようにします。これだけで止まることがあります。理想は白湯(さゆ)ですが、ウォーターサーバーがあれば手軽に飲めるのがいいですね。

・栄養ドリンクは飲む時を注意する

「風邪のひきはじめに500円以上の栄養ドリンク」が家訓ですが、今回完全に調子が悪い中で就寝前にのんだら大変なことになってしまいました。咳がとまらなくなりそれを乗り越えて、寝ているのに終始うなってしまい迷惑甚だしい状態。あくまで「ひきはじめ」を意識して飲むようにします。

 

それにしても、年末年始に体調崩すものではないですね。

プライベートな予定は崩れるし、仕事には支障をきたしてしまうし、全方位にご迷惑をおかけしてしまっていいことありません。大変申し訳ありませんでした。

次はないように予防をしっかりおこないたいと思います。

 

Ads:


Comments are closed.