【iPhone小技】カメラモードの「設定を保持」をオンするのが便利。

Ads:


iPhoneでカメラを使うことが多い人が待ち望んでいた機能。それがカメラモードの「設定を保持」する機能です。

iPhoneのカメラはとても便利ですが、今までは設定を覚えてくれないため「写真」以外のモードで撮影したい場合、モードの切り替えが必須となっていました。この切り替えがスムーズにできずに、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうということがありました。

これが今回ご紹介する、iOS10から追加された写真とカメラの「設定を保持」で解決することができます。



 

元ネタはYoutuber、Drikinさんの「iPhoneで動画撮るのが256倍便利になるテクニック!」の回です。



これは初期設定でデフォルトにしてもいい機能。

まだの人はぜひ試してみてください。

 

カメラモード「設定を保持」の設定方法


・「設定」アプリ内、下の方にある「写真とカメラ」をタップ

 


・「設定を保持」をタップ

 


・「カメラモード」がオフになっているはずなので、オンにします。

 

 

以上で設定完了です。

これで、カメラを使う時に以前使っていた設定を、そのまま保持することができます。

とても便利な機能ですが、もう10年近く守ってきた設定の保持をしないというルールをデフォルトで覆すことはできなかったのでしょうね。

   

 

Ads:


Tagged: ,

Comments are closed.