Macbook用にUSB-Cハブを比較してみました。

Ads:

 

Macbook 12inch(初代)を使っています。

Vlog用にSDカードからデータを移すときや、充電がない状態で動画のエンコードをしている時に「USB-Cハブ」が欲しいと思うようになりました。

Apple純正でもよかったのですが、ハブとしてはいまいち魅力にかけたのでAmazonで探してみました。

それなりに種類もあり、けっこう悩んだので覚書です。

 


本体一体ドックタイプ型



・サンワダイレクトの製品。Macbook本体の充電に必要な「パワーデリバリー」がないタイプ。

 



・こちらはサンワダイレクトの「パワーデリバリー」が可能なタイプ。

 



・サンワダイレクトと同じタイプでちょっと安めなタイプ。

 

 

一体型は、ほぼ同じ製品(OEM品?)が主流に見えます。シンプルな外観でいいのですが、レビューを読むと発熱が気になるようです。また、私はUSBケーブルやSDカードの抜き差しの多い使い方を考えているので、覗き込まないと使えないのでは不便なような気がします。

 

ケーブル接続型

・値段がこなれていています。SDカード、MicroSDカードが使え、USB3.0のポートが2つ。

 



・デザインも良く、USB3.0ポートが三方向に1つずつ。ただ、SDカードのポートは一つ。

 



・こちらもデザインいいです。USB3.0ポートが3つとも前面にあるのがポイント。ただ、こちらもSDカードのポートは一つ。

 

 

ポートをケーブルで繋ぐタイプは、一体型よりもごちゃごちゃしてしまいますが実用的かなと。いろいろ悩んだのですが、USB3.0が2つと少なめですが、SDカードが二枚ざしできるて値段がこなれていているこれに決めました。

 

 

 

USB-Cポートけっこう種類あるんですね。結局のところ選ぶのに1時間ほどかけてしまいました。

一体型のレビューがあまりよくなかったのが意外でしたが、熱は確かに不安なところ。SDカードリーダーとパワーデリバリー対応USBドングル、DVDプレイヤー接続のためのUSBドングルなど。

これらのコストを一つでまかなえるとすれば初めから買っておけばよかったと思っています。

 

 

Ads:


Tagged:

Comments are closed.