【iPhone】トリガーリストの棚卸しに、iPhoneの2画面ブラウザーアプリ「Split Screen」を使い始めました。

Ads:



iPhoneで使える2画面ブラウザーアプリを探していました。

無料のアプリや、デザインのいいものもありましたが、トップ画面を選択することができないなど機能が物足りないものばかり。

調べてみたことろ「Split Screen」というアプリがあり、機能としては唯一満足できたので紹介したいと思います。

 


Split Screen紹介

 


・上下の画面に別々のWebページを表示できます。

 


・1 〜5の機能を以下に紹介します。

 

 


1.表示しているページを操作するメニュー。「Set Homepage」ボタンもこの中にあります。

 

 


2.ページの表示設定を変更できます。

 


3.Plugins。これは使ったことがありません。

 


4.いわゆる「設定」画面。「Home Page Settings」をタップすると起動時に表示する画面を選択できます。

 


5.「1Password」や「Evernote」の設定もここからできます。

 

 

この手の一発芸的なアプリは挙動が不安定だったりしますが、「Split Screen」は今の所強制終了することもなく安定しています。

有料だったりデザインも一昔前という感じですが、とても実用的だと感じました。

個人的な使い方は、上の画面にGTD用のトリガーリストを「Workflowy.com」で表示し、下の画面にWebメモサービスの「txtbox.co」を表示してメモを取るという方法。同じサイトをMacでもスプリットビューで可能(Macの場合は左右に並びます)なのでシームレスな運用ができています。

Ads:

 


Comments are closed.