【Mac】「Type2Phone」でMacbookのキーボードからiPhoneに文字入力。そして日/英キーボード切り替えチップスなど。

Ads:

 

家では3デバイス(iPhoneやiPadなど)が切り替え可能なBluetoothキーボードを使っているのですが、職場でも各種デバイスを1つのキーボードで使いたいと考えました。

・マルチデバイスで使える
・電車内でも使えるようにスタンドがあるとなおよし
・電池ではなくて内蔵バッテリー
・重さは500gくらいまで
・金額は4000円以内くらい

いろいろ考えていたのですが、いつも持ち運んでいる12inchMacBook。そのアプリ「Type2Phone」をためしたところ悩みが解決しました。

今回は「Type2Phone」の紹介とチップスをご紹介します。

 

Macアプリ「Type2Phone」とは

「Type2Phone」とはラップトップMacのキーボードをiPhoneのBluetoothキーボード化するソフトです。
使い慣れたMacのキーボードでiPhoneやiPadへの文字入力ができるので文字入力が快適になります。


Type2Phoneへのリンク

 

 

チップス1(iOSの日/英キーボード切り替え方法)

・「システム環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」と進みます。

 


・「キーボード」内の「アプリケーション」→「+」→「アプリケーション」と進みます。

 


・インストール済みアプリ一覧から「Type2Phone」を選択します。

 


・メニュータイトルにショートカットを作りたいメニューコマンドの名前を入力します。今回は「Switch iOS Keyboard Layout」となります。入力したら割り当てたいショートカットをキーボードで実際にタイプします。今回は以前からよく使われているキーボードショーカットの「コマンド+スペース」にしました。

 


・iPhoneで試すとしっかり反応してくれました。日/英の切り替えはアプリのレビューを観ていると悩む方が多いようです。正しくは「iOSキーボードレイアウトの切り替え」のような機能なので、絵文字や他のキーボードをiOSで選択している人は全てが表示されるようです。シンプルにしたいならiOS側で「日本語かな」と「Engoish(US)」だけにするとシンプルに使えます。

 

追記

iPhone側のキボードの選択によって、日/英の切り替えの使用可否を確認しました。

iPhone>設定>一般>キーボード>キーボード

特に「英語」キーボードの選択は『英語』にすると私の環境では切り替えができました。『英語(日本)』ではできなかったので注意が必要です。

 

 

チップス2(コピーペーストなどのショートカット利用)

「Type2Phone」でもう一つ悩んだのがキーボードショートカットの基本である「コピー」や「ペースト」などが使えなかったこと。これも簡単に解決できました。

もとがどのような表示だったか覚えていないのですが、日本語だからと「Japanese」「Japanese QWERTY」を選択していました。これを下の画像のように「U.S.American」を選択したところ「コピー=コマンド+スペース」「ペースト=コマンド+スペース」と普通に使うことができました。

 


・「Type2Phone」の右上に表示されている国旗アイコンをタップします。これがjapaneseなどになっているとコピペなどが使えませんでした。

 


・国一覧の一番下にある「U.S.American」に切り替えます。これだけで使えるようになりました。

 


・右のアイコンのようにアメリカの国旗になっていれば使えるのではないでしょうか。

 


Type2Phoneへのリンク

 

 
   

 

 

Ads:

 

[`evernote` not found]

Tagged: ,