backspace.fm、松尾さんのガレバン本「GarageBandではじめる楽器演奏・曲作り超入門 iPhone/iPad対応」が予約スタート #散財

Ads:

 
いつも楽しみにしている、ポッドキャスト番組「backspace.fm」のメインパーソナリティー3名の内の1人、松尾公也さんのガレバン本「GarageBandではじめる楽器演奏・曲作り超入門 iPhone/iPad対応」の発売が告知されています。

発売日は2017年7月15日。

私が松尾さんを知ったのはbackspace.fmからですが、伝説のMac雑誌編集長をされていた方で、backspace.fmのもう一人のメインパーソナリティーであるドリキンさんからしても憧れの存在だったようです。

私も以前はWindowsを利用していましたが、当時からずっとMacが気になっていたので、本屋で読んだりと、お世話になったのではないかと思います。



iPhoneかiPadがあればいい

GarageBandといえば、友人がGarageBandを使ってアルバムを作成してiTunesで販売しているというのを聞いていたので、アマチュアだけでなくセミプロでも使えるという印象を持っています。

最近では松尾さんが作成しているbackspace.fm内での楽曲の他にも、プロのミュージシャンが楽曲作成に利用しているとインタビューで答えて注目をあつめていました。

個人的にはカセットテープの4トラックMTR(その後8トラックMTR)でDTMをしていたのですが、その後パソコンに移ってからは扱いきれず挫折。

それでも常に気になってはいるので、突発的にオーディオインターフェースやマイクを購入したりと、機材だけは用意するのですがやっぱり次に繋げることができないでいます。

松尾さんのプレイスタイルが、初代iPadPro12.9インチのGarageBandなので、偶然にも同じ環境です。そして、今回のガレバン本は「iPhoneとiPadの両方に対応している」らしいので、通勤中にもiPhoneで作れてしまうのかもと期待しています。

そんなわけで、HowTo本は何度もぺらぺらめくりながらの作業になるので、紙版をAmazonで予約しました。
 

Vlog用BGMを作成したい

GarageBandでは、趣味のVlog用にBGMを作りたいと思っています。

なぜかというと、Vlogの悩みとして、楽曲の著作権問題があります。英語が堪能であれば、作者に直接メッセージして許可を得たり、著作権関連の特記を正しく記述することでクリアできてしまうようですが、英語が苦手なのでハードルが高いのです。

その点、楽曲を自作で作ることができれば、音楽作成の趣味とVlogで著作権に悩まないという一石二鳥。

発売まではまだ約ひと月ありますが、Amazonの総合ランキングをみると、2017年6月20日付で人気度ランキング3位と、注目度の高さが伺えます。

 


 

iPadPro10.5インチも好評なiPad。

きになる方、楽器演奏と曲作りをトライしてみませんか。

 

 

Ads:

 

[`evernote` not found]

Tagged: , ,