【メモ】FCPXのLutを適用するためのLog設定、「ログ処理」の表示方法

Ads:


動画編集時、ログ(log)撮影した場合に、ラット(Lut)を適用する必要があります。

FCPXでも標準機能として用意されており、インスペクタから可能なのですが、ときどき「ログ処理」の設定項目が消えることがあります。そして、再設定のたび場所を探してしまいます。

今回の記事は、次同じことがあった時用の設定方法のメモです。
 同じように、FCPXでログの項目を探しているかたがいれば参考にしてみてください。


1「インスペクタ」をクリック、2の「情報インスペクタ」をクリック。

 


インスペクタの左下のボタンをクリック(画像では「一般∨」)。開いた項目の中から「メタデータ表示を編集」をクリック。

 


今回は一般のままですが、このなかで「ログ処理」にチェック。その後、「OK」を押して完了。

 


再度インスペクタを見てみると「ログ処理」が表示されています。

 

 

設定できるのは2017年6月29日段階で以下の通り。

ARRI Log C

ARRI Log C (3D LUT)

Blackmagic Design Film

Blackmagic Design Film 4K

Canon Log

Canon Log 2/Cinema Gamut

Canon Log 3/Cinema Gamut

Panasonic V-log

Sony S-Log2/S-Gamut

Sony S-Log3/S-Gamut3

Sony S-Log3/S-Gamut3.Cine

 

ちなみに、Lutの追加はできないようです。

これ以外のLutを利用する場合、サードパーティーのLutアプリを利用するしか手はないようです。

 

 



 

Ads:

 


Tagged: , , ,

Comments are closed.