「ライフハック大全」はいろいろな過去の総ざらい。起きたことと起きなかったこと。

Ads:

 

Lifehacking.jpを主催されている堀E.正岳さんという方がいらっしゃいます。

このブログを見ている方でしたら知っている方の方が多いのではないでしょうか。

私も例に漏れず堀さんのファンです。

思えば9年前だったか、買ったばかりのiPhone3Gの地図を頼りに(iPhoneにコンパス機能がなかったため、会場が名古屋駅の東口か西口かがわからず迷ったのもいい思い出)、堀さんの「7つの習慣」と「ユビキタスキャプチャー」のセミナーに参加してガツンと衝撃をうけたのでした。

その前後、Web界隈ではGTDの盛り上がり、大手メディアlifehackerが立ち上がったりと「Lifehack」という言葉がバズワードになったように記憶しています。



さて、2017年現在私に衝撃を与えたLifehackがどうなったかというと、状況としてはちょっと寂しい感じでしょうか。理由はわかりません。

大手メディアの進出、キュレーションという言葉を都合よく使うことも問題になりましたし、なにか大切ななにかが抜け落ちたままLifehackは今の状態にあるのではと思います。

不義理をしたままですが、「Lifehack」にインスピレーションを受けることで友人と作った作品や、感謝の言葉をいいたかったいろいろなことができないままで、起きたこと起きなかったことを夢想してしまいます。

 

さて、2017年11月16日に、その堀さんの新著「Lifehack大全」が発売されます。

私がいまだに引きずっているLifehackを中心にした私の淡い思い出をここで統括する形となるのでしょうか。

誰の言葉だったか「ロックの中にローリングストーンズがあるのではなくて、ストーンズがロックそのものなんだよ」というものがあります。

日本のLifehackとしていうならば「堀さんこそがLifehackそのものなんだよ」と思うわけです。

 


 

Ads:

 

 


Tagged: , , , , , ,